読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読めよぉー。(´;ω;`)

あとプレイしたり、観たりしろよ。アメコミ翻訳はじめました。

地獄組の女

 

久しぶりにエロ漫画(?)の紹介です。
2009年に急逝してしまった孤高のブルマ漫画家SABEの長編『地獄組の女』。
エロなので、商品レビュー用の検索に引っかからない。ので、画像は自前。

あ・ら・す・じ。

世間を騒がせる無差別暴力集団「地獄組」にとらわれてしまった少女・星野まよみ。
いろいろヒドイことされたり、させられたりするうちに、
戦闘アンドロイドに改造され、力と破壊、欲望の混沌に染まっていってしまう。
一方、そんな地獄組に対抗するのが、お布施大好きな新興宗教団体「天国組」。
強大な資金力と科学力で民衆からの支持を集め、まよみ達を追い詰めるが……。

一応エロ漫画だけども、通常のそれと比べるとエロ描写は非常に少ない。
それに性描写自体もそんなにエロくない。コンビニレベル(けなしてるわけじゃなく)。

物語の本筋は、地獄組と天国組との抗争であり、
格闘描写やバイオレンスなシーンなんかがページの半分以上を占めている。
じゃあ正統派アクションなのかというと、作者のおふざけ趣味も混じっているので、
必ずしもそうとも言い切れないんだけどさ。気の抜けた描写も多いし。

むしろメインとなるのは、地獄組と天国組との戦いに振り回されて、
悪の道へと堕ちていく主人公・まよみの姿でしょう。

まよみはもともと素行の悪い女子高生、といった程度だったんだけど、
戦闘アンドロイドに改造されたことが原因で、母親と友人たちを殺してしまう。
罪悪感に苛まれるのもつかの間、いろんな処置(クスリとか洗脳とか)を施されたせいで、
立派なセックス&バイオレンス大好き人間に変身。

「世界征服なんて知ったこっちゃねーヨ(中略)あたしは このチカラを使って 
 毎日どんだけ楽しく好きほうだいやっていけるか考えるので頭がイッパイだよ」
と言うまでにカオスに染まっていく。

んだけども、もともとあんまり頭が良くない上に主体性もないので、
周囲の悪いヤツらに利用されてばかり。でもそんな状況を覆すこともできない。
地獄組の幹部がまよみに向かって言う。

「引きずり込まれたクチか……あわれな女だな
 たいした目的も無く 今まで生きてきたんだろう 自分の置かれた状況に不満があっても
 生きる目的が無いから自分にとって何がいいか 悪いかがわからない
 そういうヤツは不満を打破することよりも 不本意にでも与えられた環境に
 さっさと順応することを選ぶ そこがあわれだと言ってるンだ」

自分を見透かされたようなひと言にゆらぐまよみだけど、
頭が悪いからどうすればいいのかわからない。わからないから暴れる。
そんな自分が情けなくて憎くなる……。

結局まよみは、ムチャクチャな規模に発展した地獄組と天国組の抗争の中で、
死ぬ→改造で復活、また死ぬ→復活を繰り返し、どんどん心がすさんでしまい、
最終的には自分自身のことを、
「人を殺す事に取り憑かれた亡霊みたいなもん」とまで言い切ってしまう。

この堕ちっぷりが非常に人間くさく、リアル。
“すべてがどうでもよくなってしまう罠”ってのは誰にでもあって、
ここにがっつりハマってしまうと、いろいろヤバくなってしまう、ヒトとしてね。
本作では、暴力と欲望をきっかけに、まよみがこの“どうでもいいの罠”にハマり、
バイオレンスに目覚め、最終的には人殺し大好き人間になってしまう。

そうならないようにするのが理性とか人間性とかってやつだろうけど、
必ずしも全員が全員、罠を回避できるわけでもない。

「いや、そんなことはない。人は誰でも高みを目指して努力することができる」
なんて唱える人もいるだろうけども、それはやっぱりタテマエというもの。
そこんところが分かってしまっているから、
まよみのように堕落する姿に、一種のシンパシーさえ抱いてしまう。

果たしてまよみはどうなってしまうのか。地獄組と天国組の抗争の行方は?
ストーリーはぶっ飛んでるけど、わけもわからず読ませるノリがあります。
絶版で品薄だけど、SABEファンなら間違いなくマストバイ。
変わったエロ漫画やバイオレンスな漫画を読みたい人もおススメ。