読めよぉー。(´;ω;`)

あとプレイしたり、観たりしろよ。アメコミ翻訳はじめました。

ソリティ馬

ソリティ馬

開発元:ゲームフリーク

発売元:ゲームフリーク

毎週水曜は普通の更新とか。むずかしいかしら。あと、なんかめんどくさくなったので、適宜改行するんじゃなくて、段落変えのとき以外は改行せずにそのまま書き続けるようにします。

で、今回はこちら。ポケモンを生んだゲームフリークによる初パブリッシング作『ソリティ馬』。ニンテンドー3DSのダウンロード専門タイトルです。昨年末から面白い面白いと書いてありますが、ようやくゲームエンディングまで到達したのでご紹介をば。

ゲーム内容はいたってシンプル。1頭の競走馬のジョッキーとなって各種レースにチャレンジ、2歳半から4歳まで(うまくいけば5~6歳まで)を戦いぬくというもの。

ただし競走馬に乗ってレースするわけではありません。レース出走の際にはトランプのソリティアをプレイします。ソリティアの結果によって馬にヤル気が良い走りをしたり、成長したりするのです。わかんねーという人は、いちばん冒頭、『ソリティ馬』のところにあるリンク先からデモ動画を拝見ください。すぐ理解できます。

レースの種類によって1レース内でソリティアを行う回数が決まってます。ソリティアの結果がよければ──たとえば場のカードを全部取ることができれば、馬のヤル気が貯まり、スタミナ消費が抑えられ、かつレース中で有利な位置取りを行うことができる。また、成長に必要なアイテムをゲットすることもできる。ヤル気がたくさんあり、スタミナもたくさん残っていれば、レースに勝つ要素がグッと上がる。

逆にソリティアの結果がダメダメだったりすると、馬の機嫌が悪くなり、ヤル気も貯まりにくくなる。スタミナもガンガン消費されてしまい、レースでも勝ちにくくなる、といった具合。

ゲーム内容自体はいたってシンプルなんですが、難易度が絶妙で、何回でもトライしたくなる適度な手ごたえになってます。たとえば2歳馬のときはソリティアでもさくさくパーフェクト取れたりするんですが、4歳馬でGⅠレース(有馬記念とか強豪馬が集うレース)となるとソリティアの難度も上がり、それなりに効率的にプレイしないとパーフェクトを取るのが難しくなってくる。ただ、慣れるとズバババッとカードを取っていったり、連続でパーフェクト取れたりして、上達している感覚が味わえる。

さらに本作、競走馬のステータス(最高速度とスタミナ量)の概念があるので、ソリティアがうまくいってもやすやすとは勝たせてもらえない。最難関のレースでは、ソリティア全パーフェクトでも勝てない馬がごろごろ出てきます。そのため、成長した馬同士を繁殖させて、強い馬を生むことも必要になってくる。地道に2歳馬から成長させて、ある程度強くなったら引退し、繁殖させて仔馬に次の勝負を託す…。その馬でダメなら次の世代、またダメならまた次の世代…というように。

まあダウンロード専用タイトルなので、ダビスタ並みの複雑な血統とか繁殖とかはできないんですが、それでも馬を育ててる感はあります。がんばれば馬が目に見えて強くなるので、繁殖に関しても「いい感じに強くなってきてるぞ」という手ごたえを感じられます。

レースにおける上達してる感、繁殖における成長してる感、両方をしっかり味わわせてくれる。こういうところがセンスあるなと思いますな。

システム周り以外もよくできてて、統一感のあるかわいいデザインや初心者でもすんなりプレイが飲み込めるチュートリアル、要所要所で燃えるBGM、なんか妙に笑えるキャラ同士のかけ合いなど、非常に職人的なつくりになってます。

ソリティア×競馬というワンアイディアを無理なくゲームに落とし込み、なおかつゲームフリークらしい“ゲームづくりにおけるセンスのよさ”を楽しませてくれる1本。

でもお高いんでしょう? ところが、これだけ遊べてなんとお値段たったの500円! 3DSユーザーならマストバイっすよ。