読めよぉー。(´;ω;`)

あとプレイしたり、観たりしろよ。アメコミ翻訳はじめました。

Fables vol.3 "Storybook Love" (翻訳その1)

※『Fables』は、おとぎ話を題材にしたアメコミです。悪の勢力によって、おとぎ話の世界“ホームランド”から追放されたさまざまなキャラクターたちが、現実世界で素性を隠しながら生活しています。キャラクターたちは自らをフェイブルズと称しています。

<チャプター1:ネズミの警察は眠らない>

青髭侯の執務室。小さなネズミが観葉植物のあいだから頭を出す】

レックス「人の気配はないようです、警部」

【ネズミの背中には、警部補の姿をした小人が乗っている】

ウィルフレッド「なら前進だ、レックス伍長。誰かが戻ってきて捕まる前に、この面倒な仕事を終わらせるべし!」

【レックスとウィルフレッドは、青髭の机の上に躍り出た】

<フェイブルタウン、春。平和で何の憂いもなし>

【場面転換。フェイブルたちの暮らす界隈を歩くビグビーとスノウ、ブルーボーイ。スノウは前回からの怪我はほぼ完治したようで、杖をつきながらも自力で歩いている】

タウンの住人「こんにちは、ビグビーさん、そしてスノウさんも。また元気な姿を目にできてうれしいですよ」

ビグビー「スノウ、もう手助けしないでいいのか?」

スノウ「一人で、かつ車イスなしでストリートを歩けるようになったら、手助けするのをやめるって言ったのはあなたよ。そう言ったからには、何がなんでも自分の発言を守ってもらいたいものね」

ビグビー「俺に付き添ってもらうのは飽き飽きだ、と?」

スノウ「付き添いはこれっきりよ。数か月間、活動停止状態だったけど、それはまた別の問題だし。もう普通の生活に戻りたいし、あなたは自分のオフィスに、私も自分のオフィスに戻るわ」

ビグビー「君のあの巨大なオフィスがあれば、普段のどおりに戻るなんて簡単だろう。まだ空き部屋だってあるだろうし」

スノウ「あの空き部屋はいつか確保するわ」

ビグビー「俺のオフィスはクローゼットほどの大きさしかないんだがね」

スノウ「あら、ビグビーさん、週に一回は私のオフィスで定期ブリーフィングができるでしょ。私が小さい部屋に押し込められる理由はないわね」

ビグビー「ブリーフィングすべきことはあまりないな。各地に住んでいるフェイブルズたちも、特に騒いでいないようだし」

スノウ「それは、いわゆる“ツーリスト”たちの報告に基づいているの?」

ビグビー「そうだ。だが、たった3人のエージェントで、世界各地のフェイブルズたちをカバーしていることは忘れないでほしい。かなり厳しいんだが…」

スノウ「それについて話すことはないわ、ビグビー。あなたに割り当てた予算額を、新たな悩みの種にする気はないの」

【近くのフェンシング教室から声が聞こえてくる。教室内には、長髪で髭をたくわえた男性講師が、生徒たちを前にして話をしている】

エドモン・ダンテス「生徒諸君、集合」

ダンテス「今日は特別講師を呼んでいる。卓越した剣技を持つ、2人の有名なソードマンだ」

※ダンテスはデュマの小説『岩窟王』の主人公。別名モンテ・クリスト伯爵)。

【ダンテスのうしろには、青髭とプリンス・チャーミングが並んでいる】

ダンテス「ひとりは、みんなもよく知っている青髭侯。インストラクターとして、何度もその優れた技術を教えてくださったね。しかし、皆はまだ彼の本当の剣術を見たことがない。というのも、彼を本気にさせるほどの技術には今もって到達していないからだ」

ダンテス「幸運にも、今日はもう一人の優れた剣士である、プリンス・チャーミングにもお越しいただいた。彼は、最近フェイブルタウンに居を構えたばかりなのだ」

ダンテス「試合をよく見て、彼らから学ぶように」

青髭「プリンス、君が望むなら、競技用の剣じゃなくて真剣に替えてもよかったんだが。“先に血を流した方が負け”とするためにもな」

青髭「さあ、子供たちに本物の試合を見せてやろうじゃないか」

プリンス「いやいや、それだと午後のたわむれとしては刺激的すぎる。うまく君の引き立て役をやってやるさ」

ダンテス「用意はいいかね、2人とも」

青髭「いつでも」

プリンス「ああ」

ダンテス「それでは始め!」