読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読めよぉー。(´;ω;`)

あとプレイしたり、観たりしろよ。アメコミ翻訳はじめました。

Fables vol.3 "Storybook Love" (翻訳その5)

※『Fables』は、おとぎ話を題材にしたアメコミです。悪の勢力によって、おとぎ話の世界“ホームランド”から追放されたさまざまなキャラクターたちが、現実世界で素性を隠しながら生活しています。キャラクターたちは自らをフェイブルズと称しています。

第2章「イントゥ・ザ・ウッズ」

【ニューヨークのフェイブルタウン。ブルーボーイとフライキャッチャー、ピノキオらが、雑談しながらコミックブックストアから出てくる】

フライキャッチャー「マジか? スノウとビグビーが一緒にどこかへ行ったって?」

ブルーボーイ「うん、おとついね。突然だった」

ピノキオ「2人は1年以上前からいい関係だって聞いたけど。」

フライキャッチャー「ああ、スノウが入院してた時からね」

ブルーボーイ「っていうより記念集会のときからかな。ローズが死んでいないことを明らかにしたときからだ」

フライキャッチャー「駆け落ちしたんだ」

ピノキオ「ビグビーに関しては、あいつの動物的本能を考えれば納得できるけど、スノウはどうよ。彼女は“氷の女王(アイスクイーン)”だ」

フライキャッチャー「アイスクリーム?」

ブルーボーイ「冗談よせよ、スノウはセクシーで魅力的だ。一晩を一緒に過ごせるなら魂を売ってもいいね」

フライキャッチャー「腹減らない?」

ブルーボーイ「いや、俺のじゃなくてやっぱりお前の魂を売ろう」

【場面転換。ビグビーが川の中で泳ぎを楽しんでいる。どうやら人里離れた山奥の森林の中らしい】

<フェイブルタウンがお昼に差し掛かるころ、西部ではまだ早朝だった>

【川から上がり、服を着るビグビー。その途中、急にハッとした様子で周囲を見回す】

ビグビー「うん!?」

【テントの中で寝ているスノウ。外からテントをパンパンと叩く音が聞こえる。テントの外に出てみると、ビグビーがフライパンでテントを叩いていた】

スノウ「何やってるのよビグビー」

ビグビー「起きろ、スノウ。問題発生だ。顔を洗って着替えて、ションベンして、とにかく朝の準備をしろ。出発しなきゃならん、素早くな」

スノウ「どこよここ? 私、なんでテントにいるの?」

ビグビー「知らん。が、俺たちはここで2~3日ほどキャンプしていたようだな」

【場面転換。フェイブルタウンのとある屋敷の屋根裏。ウィルフレッドが数匹のネズミに囲まれている。穏やかな雰囲気ではない】

<一方その頃…>

ウィルフレッド「下がれ、フェイブルタウンの公務中だ! 警告したぞ、なぜ返答しない」

【ウィルフレッドは剣を抜き、ネズミたちを威嚇するが、彼らはそれを意に介せずウィルフレッドに襲い掛かる】

ウィルフレッド「なんてこった、お前たちはフェイブルズじゃあないな、こっち側のネズミか!」

【再び場面転換。ビグビーとスノウのシーンへ】

ビグビー「君が起きる前に荷物を調べてみた。俺たちはニューヨークからシアトル行の片道航空券の半券を持っていた。ということは、ここはカスケード山脈のどこかかもしれん。登山道具はどれも新品で、シアトルの専門店で購入したようだ。それと上着もな」

※カスケード山脈はアメリカの西海岸沿いにある大きな山脈。

スノウ「で、他の荷物は持たないまま、ここに流れ着いてキャンプしてたってこと? あなたと一緒に?」

ビグビー「そう思う」

スノウ「ありえない! 私がそんなことするはずないわ」

ビグビー「もちろんだ。だが、俺たちが一種の混乱状態にあったことは間違いない。何らかの魔法効果が俺たちをここに向かわせ、レンジャー・リックごっこをさせたんだ」

※「レンジャー・リック」は子供向けのアウトドア専門誌。

ビグビー「その効果もようやく切れたようだ。誰かが見つけてくれるかもしれんから、テントと荷物はそのままにしておこう。しばらくしたら戻ってくる」

スノウ「どこに行こうってのよ?」

ビグビー「君の装備品の中からレンタカーの鍵を見つけた。近くに駐車されてるはずだ」

スノウ「どうして言い切れるの?」

ビグビー「君はまだ十分に歩けるだろ。混乱状態にあったとはいえ、こんな山道を長距離歩けるとは思えない」

スノウ「誰が呪文をかけたのかしら」

ビグビー「確証はないが、なぜか『ジャックが背後にいる』と本能が告げている。もしそうなら、これは単なるイタズラで悪意はないのかもしれん」

スノウ「ただのイタズラなら、じっと待ってたほうがいいんじゃない?」

ビグビー「ただのイタズラじゃない場合もある」

【ビグビーとスノウは、森林の中へと歩き出す】