読めよぉー。(´;ω;`)

あとプレイしたり、観たりしろよ。アメコミ翻訳はじめました。

Fables vol.4 "March Of The Wooden Soldiers" (翻訳その21)

※『Fables』は、おとぎ話を題材にしたアメコミです。悪の勢力によって、おとぎ話の世界“ホームランド”から追放されたさまざまなキャラクターたちが、現実世界で素性を隠しながら生活しています。キャラクターたちは自らをフェイブルズと称しています。

<3月29日、金曜日>

ニュースキャスター「ではローカルニュースに戻ります。昨晩、アッパー・ウェストサイドで開催されたブロックパーティーの収拾がつかなくなり、雑居ビル1棟で火災が発生しました。火はすぐに消し止められ、けが人はいませんでした」

ニュースキャスター「続いてのニュースです。昨晩、アッパー・ウェストサイドの家族が屋上でバーベキューをしていたところ、火の収拾がつかなくなり、雑居ビル1棟で火事が発生しました。火はすぐに消し止められ、けが人はいませんでした。さらに続いてのニュースです…」

【フェイブルタウンの戦いが終結した翌日、ローカルニュースで火災のことが報じられている。戦いの詳細が現世人に知れ渡ることは防げたようだが、スタジオでは、ニュースに対してひとりの成人男性が疑問を抱いている】

ケヴィン「あのニュースキャスターがしゃべってる内容を聞きましたか、マイク?」

ニュースキャスター「昨晩、アッパー・ウェストサイドの2つのストリート・ギャングが乱闘騒ぎを起こし、雑居ビル1棟で火災が発生しました。火はすぐに消し止められ、けが人はいませんでした」

マイク「何が言いたい、ケヴィン? 放送中だぞ、忙しいんだ」

【番組のディレクターらしい太った男性が、ケヴィンの疑問に答える】

ケヴィン「あのキャスターは、ほとんど同じ内容のニュースを3回に分けてしゃべってる。細かい違いしかないのに! 妙だと思わないんですか?」

マイク「どうでもいいローカルニュースをレポートしてることがか? ニュースが少ない日なんだよ」

ケヴィン「3回ですよ、3回! 気づいていないんですか! テープを巻き戻して確認すれば、1回にまとめてレポートできるはずです」

マイク「どういう意味だ? また俺にXファイルを見せるつもりか? お前はモルダー捜査官じゃあない。『真実はそこにある』かもしれんが、俺たちが扱うのは真実じゃない。事実だ。わかったか?」

ケヴィン「この話には続きがあるんです!」

マイク「何の話だ、もう時間いっぱいだぞ」

ケヴィン「同じ地域の住民たちが、奇妙なものを見かけたという報告があるんです。メン・イン・ブラックと空飛ぶ…」

【戦いを秘匿する呪文を解き、その代わりに豪雨を降らせたことで、バーバ・ヤガーや黒服たちの姿が、一部の現世人に目撃されたのかもしれない】

マイク「円盤か? 空飛ぶ円盤だって言うんなら、お前はクビだぞ、ケヴィン・ソーン!」

ケヴィン「空飛ぶベッドです。美女を乗せた」

マイク「出てけ!」

<3月30日、土曜日>

【場面転換。火災で廃墟になったビルの前に、喪服に身を包んだスノウとコール老王が座っている】

コール老王「これからどうするべきかね、スノウ」

スノウ「再建しましょう。これらのビルは、長く建ち続けるように建設されました。修理できるはずです」

コール老王「では、死者を弔ったあとにな」

スノウ「時間ですか?」

コール老王「ああ、さあ行こう」

【場面転換。ウッドランド・ビル内の地下と思しき場所に、喪服を着たフェイブルズらが集まっている。その中央には大きな深い井戸がある】

コール老王「倒れし戦友、クマのブー。そなたの身を魔法の底なし井戸にゆだねる。願わくば彼の魂が新たな生をさずかるか、この深みと魔力に抱かれ、安らぎを得んことを」

母クマ「ああ、私のブーちゃん! ママはお前を愛してるわ!」

【白い布に包まれたブーの遺体が井戸に投げ入れられた】

コール老王「次は?」

ビグビー「マウスポリスたちだ」

フライキャッチャー「彼らも戦ってたのか?」

プリンス・チャーミング「ああ、気付いた者は少なかったがね。彼らも勇敢によく戦った。それも非常に危険な任務を。ブルフィンチ通りでの戦闘が始まって火災が起きる前まで、彼らは敵中に散らばっていたんだ。マウスポリスたちは黒服たちの脚によじのぼり、そのひざの関節のネジを外して、やつらを行動不能にしたんだ。だが半数以上のマウスポリスたちが犠牲になった。任務を遂行したことで、倒れた黒服の体に下敷きになってしまったんだ」

【プリンスは、トレーにマウスポリスとネズミたちを載せ、それを井戸の中に投げ入れる。】

コール老王「彼らを魔法の井戸にゆだねる…。さてこれは?」

ビグビー「赤ずきんだ」

母クマ「何ですって?」

父クマ「膿んで腐った魔女の死体を、私のブーと一緒に埋葬するのか?」

フライキャッチャー「ウェイランドさんや他のフェイブルズもここに入ってるんですよ」

ビグビー「すまない。だがやるしかない。こいつは危険すぎる。トラブルを招かないためにも、こうするのが一番確実なんだ」

父クマ「なら、やってくれ。だが祝福の言葉は無しだ。この女にはもったない」

コール老王「これなるは我らの恐るべき敵にして名付けがたいほど卑劣な女。願わくば、彼女に終わりなき苦痛と拷問が与えられんことを」

【ブーやマウスポリスたちと同様に、ニセ赤ずきんの遺体も井戸に投げ入れられた。場面転換。ウッドランド・ビル内のどこかの部屋。部屋の壁一面に棚が設置されており、そこには黒服たちの頭部がずらりと並んでいる】

ビグビー「いい車イスだな、ブルー。よく合ってる」

ブルーボーイ「スノウがお古を貸してくれたんだ。彼女が必要になる前に返却したいんだけど」

ビグビー「治るさ。いい医者がお前の指を治療してくれるって聞いたぞ」

ブルーボーイ「スウィンハート先生は自信があるみたいだけど、僕は治るかどうか、確信がない」

ビグビー「良くなるといいが。お前の演奏は好きだからな」

ブルーボーイ「ホント? そんなこと一度も言ったことないのに」

【黒服たちに目を向けるビグビー】

ビグビー「こいつらは何かしゃべったか?」

ブルーボーイ「ずっと話してるさ。だけど重要なことは何も。お互いにぺちゃくちゃ意味のないことを話してるだけだよ。今は静かだけどね。寝てるのかな。こいつら、いつも同じときに同じ行動するみたい」

ビグビー「見張りを続けてくれ。時間をかければ、こいつらからは多くのものが得られるだろう。俺たちには、時間だけはある」

【ビグビーは部屋を出て行き、さらにビルの地下室らしき場所へと進む。そこには魔女のフラウと、十字架に貼り付けにされたバーバ・ヤガーの姿があった】

ビグビー「ニセ赤ずきんの様子は?」

フラウ「生きてるよ、驚いたことにね。だが魔力はない。こいつの魔力は毎日吸い取っているから、必要なだけこのままで維持できるよ」

ビグビー「数年間は無力化させたい」

フラウ「いいだろう。わたしゃ我慢強いんだ」

ビグビー「こいつ、話は聞こえてるのか?」

フラウ「ああ」

【ビグビーは、ピクリともしないバーバ・ヤガーに顔を近づける】

ビグビー「聞け、バーバ・ヤガー。お前は完全にひとりだ。俺とフラウ以外に、お前が生きていることを知る者はいない。食べ物も休息も楽しみも、仲間もない。俺たちだけだ。これはずっと変わらん。だから、魔王とそれらのことについて話す準備ができたら、いつでも知らせてくれ。自分なら耐えられると思っているだろう。だが、誰も長くはもたない。最後にはすべて話す、必ずな。それまでゆっくりしていてくれ」

<3月31日、そして幾日かが過ぎた>

【戦いが終わり、フェイブルズらの生活は少しずつ日常へと戻りつつある。市長選の選挙ポスターが貼りだされ、その前ではグリンブルとホブズが話している】

ホブズ「コール老王、これを見ましたかね?」

グリンブル「ああ。ちょっとうめいたあと、寝るって言ってたな」

【首をはねられたピノキオの体を検分するスウィンハート医師】

スウィンハート医師「ピノキオの体は木に戻ってしまった。こうなっては、もはや私の専門領域ではない」

フライキャッチャー「けど、この木にはまだ魔法がかけられてるでしょ?」

ブルーボーイ「それなら、とにかく修理はできるってことでは?」

【木陰で亡きブーのことを悲しむ父クマと母クマ】

父クマ「悲しいのかい、お前」

母クマ「憂鬱な気持ちだわ。ブーちゃんのことを考えていたの。あなたはまだブーのことを考えることがあって?」

父クマ「毎日だよ」

母クマ「そう。私、妊娠したみたい」

【ファームの納屋で静かに泣くローズ】

子ヤギ「どうしたの、ローズ?」

スティンキー「ボス、なぜ泣いているんです?」

ローズ「何でもないわ。ウェイランドがいなくて悲しいだけ…」

【庭園のベンチに座るスノウとビグビー】

スノウ「ビグビー」

ビグビー「んー?」

スノウ「生まれそう」 

Fables Vol. 4: March of the Wooden Soldiers

Fables Vol. 4: March of the Wooden Soldiers