読めよぉー。(´;ω;`)

あとプレイしたり、観たりしろよ。アメコミ翻訳はじめました。

Lady Killer #2

※『Lady Killer』は殺し屋兼主婦のジョシー(ジョセフィン)を主人公にしたアメリカンコミックスです。周囲に殺し屋の顔を隠しながら、良き妻・良き母として毎日の生活を送るジョシーの姿が描かれます。

【前回からの続き。ネコのコスチュームを着たジョシーが、中年男性らの座るテーブルまで注文を取りに来る。そのうちのひとりが殺害のターゲットのようだ】

ジョシー「こんばんは、クリスタルといいます。今夜、私が皆さんの子ネコになりますわ。お飲物はいかがです?」

ボディーガードら「スコッチ、ロックで」「ストレートのウイスキー」「クレム・ド・ミント」

VIP「しっぽを一切れもらおかな、子ネコちゃん」

ジョシー「ごめんなさい、それはメニューにないのよ」

VIP「なら俺もスコッチだ」

【談笑するターゲットらのもとに、注文のドリンクを持って戻ってくるジョシー】

ボディーガードら「やつの顔見たかよ」「泣き叫んでたぞ」

【ターゲットがドリンクを飲むと、コースターにメッセージが書かれているのに気づく。メッセージは「店のクロークで会いましょう」】

VIP「すまんな、諸君。ちょっと席を外すぞ」

クロークルームにやって来るターゲット】

VIP「子ネコちゃーん、いいことしようぜ。お堅い女の子は嫌われるぞ」

【ジョシーの姿を探すターゲット。その背後からジョシーが飛びかかり、首のうしろに蹴りを食らわせる。倒れるターゲットに馬乗りになり、ネクタイを締めて彼を窒息させようとする】

VIP「なん……ぐあっ!」

【ターゲットはジョシーを平手打ちする。今度はジョシーのほうが倒れる】

VIP「このクソアマ、てめえが誰かなんて知らんが……誰に手を出しているかわかっちゃいねえようだな」

ジョシー「いいえ、はっきりわかってるわよ」

【倒れた状態からターゲットの顔を蹴り上げるジョシー】

VIP「殺してや……うっ!」

【再び倒れ込むターゲット。ジョシーはもう一度背後からネクタイを絞め上げる。ほどなくしてターゲットは絶命した。そのとき、背後から人影が現れる。タクシー運転手の姿をしたペックだった】

ペック「呼んだかな? その格好、似合ってるじゃないか。ここで正式に副業したらどうだ?」

ジョシー「この男をどかすの、手伝ってくれない? それとも、まだぼさっと突っ立っていたいわけ?」

ペック「なら聞け。今週の金曜はどんなに忙しかろうと……」

ジョシー「早くして」

ペック「ハッ! ずいぶん傲慢な態度だ。いいから心して聞けよ。ボスがきみに会いたがっている」

ジョシー「ステンホルムが? なぜ?」

ペック「知らん。とにかく会いたいんだとさ。よし、これで別人だ」

【ペックは遺体の首にネッカチーフを巻き、さらに帽子をかぶせた。2人は遺体を両脇から抱えて、そのままクラブの入り口から出て行く】

ペック「そうそう、一歩ずつ足を出して。おっと! 酒よりチーズバーガーのほうをたらふく食ってきたんじゃないですか?」

【クラブ入り口の女の子に声をかけるペック】

ペック「自宅まで送り届ける乗客をゲットしたよ。また今度どうかな、お嬢さん。電話してくれよな」

【ペックはタクシーの後部座席に遺体を載せる】

ペック「気分が悪くなりそうだったら、自分の帽子に顔を突っ込むんですよ、お客さん。……やれやれ、この死体を下ろすときは重労働だろうな。で、ステンホルムには6時に待ち合わせだって伝えるぜ」

ジョシー「ええ、いいわ……いや、やっぱり待って。ジーンが家にいるわ。3時にならない?」

ペック「おいおい、マジかよ」

ジョシー「ボスに言えないの? 私のためなのに?」

ペック「わかったよ」

【遺体を載せたタクシーはその場を去っていく。その場に残されたジョシーに、店の女の子が声をかける】

店のウェイトレス「ここにいたのね、クリスタル。7番テーブルがお待ちよ」

【場面転換。役員室で待つジョシー。そこへスーツ姿の中年男性がやって来る】

ステンホルム「すまん。遅れたな、ミス・シュラー。持ち帰りのカウンターがいつもより混んでいたもんでな。座っててくれ。食べてる間、顔を上げたくないもんでね。消化不良を起こすかもしれん」

【包みの中からサンドイッチを取り出すステンホルム】

ステンホルム「食べながらでも気にせんだろ? きみは聞き分けのいい女性だから。無論、問題が発生したときを除いてだが。教えてくれ、ミス・シュラー。この仕事は好きかね?」

ジョシー「はい、もちろん」

ステンホルム「ふーむ、カンパニーで働いてどれくらいになる?」

ジョシー「15年です」

ステンホルム「そうだ。我々の仕事の重要性を知るには十分な年月だ。きみは仕事に真剣に取り組んでいる。そうだな?」

ジョシー「そう思いたいですわ」

ステンホルム「そうするべきだ。そして、自分の家庭のことも重要だと思っているな。だから厄介ごとが起きないようにしている。今後はどうするのかね?」

ジョシー「どう、とは?」

ステンホルム「現在のきみのポジションは、長く居続けるものじゃない。あと数年で、より上のポジションにいける」

ジョシー「私は満足しています」

【ステンホルムは赤いファイルを取り出し、ジョシーに手渡す】

ステンホルム「それはよかった。やってほしい、難しい仕事があるんでね。……それと、予定変更をペックに頼んだそうだな。聞きたくない話だった。スケジュールを変更させるのは、キティ・キャット・クラブが初めてではなかったぞ」

ジョシー「ペックが大げさに言っているだけです。スケジューリングは、プロにとっての取り組むべき仕事のひとつです」

ステンホルム「では家族は? 家庭を持つことも取り組むべき仕事なのかね?」

ジョシー「家族と仕事は別個のものですわ」

ステンホルム「自分にとって何が重要か、よく吟味することだぞ、ミス・シュラー。何が優先すべきことなのかもな」

ジョシー「求められる仕事は完遂します。今まで通りに」

ステンホルム「いいだろう。先ほど言ったように、この仕事はデリケートで難しい。この仕事をこなせる女性だと信じたいところだ。それと私が言ったことをよく考えるんだな。きみは、この部屋に上がってくるハシゴを上っているが、そこから転げ落ちるところは見たくない」

ジョシー「おっしゃることはわかりましたわ、ステンホルムさん」

ステンホルム「わかってもらえてうれしいよ。では良い週末を過ごしたまえ」

【場面転換。車で自宅まで帰ってくるジョシー。トランクから買い物袋を取り出している。庭では双子の子どもらが遊んでおり、近所の友人と思しき女性がベビーシッターを任されていたようだ】

ジョシー「2人とも、買い物袋を持つのを手伝って」

ベビーシッター「忙しかった?」

ジョシー「まあまあね」

ベビーシッター「あなたがボランティアに行っている間、2人の面倒を見るのが私だってこと、お母さまは気にしなかったみたい。よかったわ。ほら幸せそうよ」

【義母は庭先のベンチで黙って座っている】

ベビーシッター「あなたがホスピスで働いているなんて、信じられないわね。あそこじゃ、人が毎日亡くなってるんでしょ。気が滅入りそう」

ジョシー「気にならないわよ。最期のときにも、彼らにやってあげなきゃいけないことはある。それをやる人も必要よ。それが私だっただけ」

ベビーシッター「私より進歩的なのね」

【自宅へと帰っていくベビーシッター】

ジョシー「明日、ジーンの誕生日パーティーには来るんでしょ?」
※ジーンは夫の名前。

ベビーシッター「絶対行くわ」

ジョシー「このあいだ作ってくれたアンブロシアを持ってきてくれない? ジーンったら、すっかり気に入ったみたいで、話すと止まらないのよ」
アンブロシアは、パイナップル、オレンジ、マシュマロ、ココナツなどを用いて作るフルーツサラダの一種。

ベビーシッター「わかったわ。マシュマロ多めでね!」

【場面転換。買い物袋をキッチンに運ぶ双子たち。うちひとり(ジェーン)が、ステンホルムから渡された赤いファイルを手にしている】

ジェーン「ママ、見て!」

ジョシー「ジェーン、それはあなたのものじゃないでしょ」

ジェーン「ごめんなさい、ママ」

もうひとりの双子「ジェーン、悪いことしたの?」

【ジェーンからファイルを取り返したジョシー。ファイルの中には次のターゲットの写真がある。見ればそれは小学生くらいの男の子だった】

ジョシー「手を洗ってらっしゃい。誰も悪いことはしてないわ」

【場面転換。ベッドルームで夫のジーンと話すジョシー】

ジョシー「ねえ?」

ジーン「ん?」

ジョシー「今日、妹と電話で話したのよ。いま作っているドレスのアレンジで、手伝いに来てほしいんですって。でも、あなたはベインブリッジ島に行きたがっていたし、断るべきよね?」

ジーン「いや、行っておいで。僕は車の修理をしているよ」

ジョシー「ホントに? 嫌なら……」

ジーン「また明日な、ダーリン。おやすみ」

【そういって眠るジーン。ジョシーはベッドに入って、思いつめたようにじっと目を開けている。第3話へ続く】 

Lady Killer

Lady Killer