読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読めよぉー。(´;ω;`)

あとプレイしたり、観たりしろよ。アメコミ翻訳はじめました。

Fables vol.5 "The Mean Seasons" (あらすじ翻訳1)

※『Fables』は、おとぎ話を題材にしたアメコミです。悪の勢力によって、おとぎ話の世界「ホームランドから追放されたさまざまなキャラクターたちが、現実世界で素性を隠しながら生活しています。キャラクターたちは自らをフェイブルズと称しています。

 

チャプター1「残酷な夏」

【シーン1】

産気づいたスノウのもとに、駆け付けるビグビー。その顔に、普段の冷静な様子はうかがえない。手術室の前には、ブルーボーイ、コール老王、プリンス・チャーミングが待機している。

ビグビー「何か進展は?」

ブルーボーイ「何も。昨日から陣痛が続いているよ」

ビグビー「なら帰っていいぞ。投票してこい」

ブルー「今朝もう行ったよ」

新たな市長選について、現職のコール老王は、その結果がどうなるか、気が気ではない。一方、プリンスは落ち着き払ってふるまっている。

 

【シーン2】

フェイブルタウンではすでに投票が始まっていた。人々はウッドタウンビル内に設けられた投票所で列をなしている。どちらに投票するかと問うシンデレラに対し、フライキャッチャーは「スノウ・ホワイトって書いた」と答える。

 

【シーン3】

スノウの出産が近づいている。スノウに強くいきむよう、スウィンハート医師が呼びかけると、ついに1人の女の子が誕生した。

スウィンハート「見なさい、スノウ。健康で完全に普通の女の子だ」

スノウ「普通ですって? しっぽが見えないの?」

スウィンハート「しっぽじゃない。へその緒だ。いま切るよ」

スノウ「ああ、よかった。気絶しそうよ。この子を抱いてもいいかしら」

しかしスウィンハートはスノウの申し出を否定する。スノウの腹はふくれたままだ。どうやら三つ子かそれ以上のようだと言う。

 

【シーン4】

動物形態のフェイブルズが住まうファームでも、同じように投票がおこなわれていた。どうやら動物たちは前足をスタンプ代わりにして、どちらに投票するかの意思表示とするようだ。

 

【シーン5】

スノウの出産はまだ続いており、すでに数十時間が経過していた。

スウィンハート「これが本当に最後の子だ」

スノウ「さっきも最後って言ったじゃない! もう出てこないでって言って!」

スウィンハート「もうあと少しだ」

スノウ「もう勘弁してよ! なんでもあげるから!」

手術室の外では、ビグビーがじりじりしながら待っている。両手はオオカミのそれになっており、長時間続く出産に彼の気も立っているようだ。ビグビーは、スノウの体力が限界近くであると感じ取っている。

 

【シーン6】

 市長選は投票の集計に入った。ウッドランドビルの前で、コール老王とフライキャッチャー、プリンスとホブズがそれぞれ話している。

コール老王「フライ。結果が出た段階で、すぐに再集計させてくれ。私が言うより、君が要求したほうがいいだろう。それとこっそりプリンスの陣営をうかがって、私がいつまでペントハウスにいられるか、様子をうかがってきてくれ」

フライ「俺がやるんですか? 荷が重いですよ、それは」

一方、プリンスは余裕だ。

プリンス「結果が判明したら、すぐにダンスホールで祝賀会の手配をしてくれ。それと、コール老王になるべく早急にペントハウスから退去するよう言伝を。ああ、それとスノウに出産祝いのバラを60本届けてくれ」

ホブズ「大変よろしいかと」

ビルの敷地内では、トラスティー・ジョンがさめざめと涙を流している。フライが聞けば、先の木製人形たちの襲撃によって、長年手入れしていた庭園がメチャクチャになってしまったという。フライはそれを慰める。

 

【シーン7】

集計の結果、フェイブルタウンの新市長はプリンス・チャーミングに決まった。ビル内のダンスホールでは祝賀会が開かれ、プリンスは早くも美女たちとダンスを楽しんでいる。しかしジャックは沈んだ表情だ。カイが話しかける。

カイ「お前にとってはうれしい結果かな、ジャック? 新体制下のほうが、新しい悪だくみも成功しそうじゃないか」

ジャック「そう思うか? 俺が思うに、この街はひどい場所になるぜ。俺たちは長い間うまくやってきたが、これももう終わり。最後。終了だ」

浮かれて踊っているプリンスや、新しい警備主任を約束されたビーストらを尻目に、ジャックはそう答える。

カイ「かもな。だがローマ帝国だって、崩壊するまで500年かかった。まだしばらくはいい日もあるだろうさ」

ジャック「俺にとってはそうでもないだろうな。俺はもう行くよ」

 

【シーン8】

そのころ、ビグビーは、自分とスノウとの間に生まれた6人の子らを眺めていた。何人かは、狼男のようにグレーやこげ茶の体毛におおわれている。

ビグビー「この子たちを見てみろ、スノウ。六つ子だ。ほとんど人間そのもののだし、健康そのものだ」

スノウ「完璧に人間に見えるのは、1人だけね」

現世で暮らすには、完全に人間に見えなければいけない。明らかに獣人のように見える子らは、ファームで育て、暮らすしかない。スノウはそうビグビーに伝える。

 

【シーン9】

プリンス当選の祝賀会はまだ続いている。プリンスは、選挙公約に掲げた「動物型フェイブルたちの変身自由化」について、魔女たちに話しかける。

プリンス「変身魔法の価格について、一度みなさんと話し合う必要がありますね。呪文はいつごろから準備できますか?」

フラウ「できないね」

プリンス「なんですって?」

フラウ「馬鹿な王子様だね。私たち魔術師は、確かに市の要望に応えてきたけど、かなえてやれるくらいのレベルに要望をカットしてきたからだよ。もう私たちの魔力は限界ギリギリなんだ。これ以上、変身魔法を使うことはできない。現世人たちの大量生産品とは違うんだよ」

フラウはプリンスに対し、選挙公約を立てる前に相談しなかったことを指摘する。プリンスは青ざめた顔で会場を後にする。

 

【シーン10】

選挙に敗れたコール老王は、ペントハウスで一人頭を抱えている。

コール老王「私が何をしたって言うんだ?」

 

【シーン11】ウッドランドビルの地下の一室。壁にはりつけにされたバーバヤガーが、フラウに対して口汚い呪詛を投げかけている。フラウは聞く耳を持たない。

バーバヤガー「この手足が自由になったら、フェイブルタウンを破壊しつくしてやる。この現世の地球も丸ごと塩漬けにしてやる」

フラウ「なるほど、やればいいさ。だがその前に、話をさっきの議題に戻していいかね。魔王とはいったい誰だ?」

 

【シーン12】

フェイブルタウンでの戦いを探るジャーナリストのケビン・ソーン。彼は何かが起きていることを察知しているが、事件の核心をつかめずにいる。しかし独自調査のために、日記をつけることにした。

 

【シーン13】

ビグビーとスノウの六つ子を見るために、ブルーボーイやフライキャッチャー、コール老王、シンデレラ、ブライア・ローズ(眠れる森の美女)などがやって来た。新生児室のガラス越しに、赤ん坊らを眺めている。

ブライア「名前は決めたの?」

ビグビー「いくつか。だがスノウに却下された」

スノウ「あの赤毛の子は、ブロッサムって名前にしようかと思う。体毛がローズ・レッドみたいだし」

コール老王「コールってのはいい名前じゃないか?」

 フライ「アンブローズとか」

ブルーボーイ「アンブローズなんて名前聞いたことないよ」

フライ「俺の本名だよ」

突然、赤ん坊の一人が保育器の中で立ち上がろうとした。驚くスノウ、ビグビーらの前で、六つ子の体が少しずつ保育器から浮き上がっていく。そのまま赤ん坊らは完全に宙に浮いてしまった。(続く)

Fables Vol. 5: The Mean Seasons (Fables (Graphic Novels))

Fables Vol. 5: The Mean Seasons (Fables (Graphic Novels))